設備課

下水道管埋没工事

下水道埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。
工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。
また、場所や条件によって違う施行方法が用いられますが、
開削工法と推進工法がメインになります。

空調設備工事

空調設備とは正しくは空気調和設備と言い、湿度、温度、空気清浄などの室内環境を調整するための設備です。そのような空調設備を取り付ける管工事を空調設備工事と言います。近年、マンションの高層化、気密化が進んでいるため、空調設備工事の需要も高まっています。

給水給湯設備工事

秋水設備とは生活や業務に必要な水を供給する設備のことです。
一方、給湯設備は風呂、洗面台、キッチンなどにお湯を供給する設備です。
これらを取り付ける管工事のことを給水給湯設備工事と言います。
一般家庭でも店舗でもなくてはならない工事です。

ガス管配管工事

ガス管配管工事とは、ガス管を配置する管工事のことです。
新築の時はもちろん、増改築に伴ってガス栓を増やす際にも行われます。
ガスにはプロパンガス、都市ガスがありますが、
それぞれの工事内容が異なるので注意が必要です。

ダクト工事

ダクトとは気体を運ぶ管のことです。
おもに空調、換気、排煙などを目的として天井裏などに設置されます。
このダクトを取り付ける管工事のことをダクト工事といいます。
ダクトにはさまざまな種類があり、目的に応じて的確に選択しなければいけません。

浄化槽工事

浄化槽とは生活の中で発生する汚れた水を、
きれいにして川などに流す装置のことです。
そのような浄化槽を設置する管工事のことを浄化槽工事といいます。
現在でも下水道が通っていないエリアでは
浄化槽を取り付けることが法律で定められています。